帯祝いの御祝い 〜 のし紙の書き方

帯祝いとは、妊娠5ヵ月目の戌の日に安産を祈って妊婦が腹帯を巻く風習のことです。

スポンサーリンク




帯祝いのお祝いをするのは両親や親しい親戚で、お祝いののし紙の書き方は、毛筆か筆ペンで上に「御帯掛祝」と書き、下に名前を書きます。

神社で安産祈願を行い、お互いの両親を交えて食事をしお祝いを行うこともあります。

腹帯は、妊婦の腰に負担が掛かるのを保護したり、お腹を冷やさないなどの目的で巻きます。

妊娠5ヵ月目に行うのは安定期になったためで、戌の日に行うのは犬のお産が軽くて多産なことからきています。

その他のお祝いに「出産祝いの祝儀袋の水引と書き方」を掲載していますので是非ご覧ください。

帯祝いののし紙

帯祝いの御祝いの金品に使用します。


御帯掛祝(おんおびかけいわい)
前田祐樹


スポンサーリンク





冠婚葬祭テンプレート メニューへ
copyright (c) template.usefulhp.com All rights reserved.