結婚後の近所への挨拶回り〜手土産ののしの書き方

結婚の挨拶回りとは、結婚の相手を紹介するために、付き合いがある近所の家や親戚の家を回ることです。

ここではその時に持っていく手土産の、のしの書き方を掲載しています。

スポンサーリンク




結婚の挨拶回りとは、結婚の相手を紹介するために、付き合いがある近所の家や親戚の家を回ることです。

ここではその時に持っていく手土産の、のしの書き方を掲載しています。

手土産の品物はタオルや洗剤などで、のしの書き方は、毛筆か筆ペンで上に「粗品」か「御挨拶」と書きます。

最近は少なくなっているようですので、するかどうかやどこまでするかは両親と相談し決めてください。

その他のお礼に「結婚の内祝い」を掲載していますので是非ご覧ください。

近所への挨拶回りの表書き

近所への挨拶回り 手土産ののしの書き方

結婚後の近所への挨拶回り

表書きの上は粗品
下は、二人だけで独立の場合は夫の姓名、同居の場合は新婦の名前を書きます。
水引は赤白の蝶結びを使います。



スポンサーリンク





冠婚葬祭テンプレート メニューへ
copyright (c) template.usefulhp.com All rights reserved.