高温部品の交換の改善事例

無料で利用できる、高温部品の交換の改善事例をイラスト入りで掲載しています。

高温で圧着したり送風するような設備で、部品交換する場合は耐熱手袋などをして行いますが、手袋していると細かな作業がうまくできなくて時間が掛かったりミスが発生する可能性もあります。

そこで熱が伝わりにくいハンドルを増設し、部品交換をしやすくした改善事例を紹介します。

市販のハンドルを購入し、取り付け部分を改造しただけなので材料費は3,000円以下でできました。

効果は、これまで交換時間は平均5分かかっていましたが、改善後平均2分になり大きな効果を得ることができました。

下の図が保存されているExcelファイルを無料でダウンロードできます。

スポンサーリンク




改善事例のダウンロード Excelファイル


改善前

改善前の高温部品

高温になる部品の交換時、耐熱手袋をするか、時間をかけて温度が下がってから交換するようにしていた。
交換に時間が掛かる。



改善後

ハンドルを取り付けた改善後の部品

温度が上がらないような、ハンドルを取り付けた。
手袋しなくてもよくなった。
持ち易くなり、取り扱いやすくなった。


スポンサーリンク





改善提案 メニューへ
copyright (c) template.usefulhp.com All rights reserved.